植物と工作とときどきイモリ

ものづくりが趣味な植物と動物をこよなく愛する建築学生の備忘録

初めてでも簡単!コウモリラン(ビカクシダ)の着生のやり方【コルクバーク編】

f:id:toka2287:20190504185649j:plain

 

 

コウモリランが欲しい‼︎と言い続けて早1年が経過した今日この頃、ようやく我が家にコウモリランがやってきました!

f:id:toka2287:20190505171951j:image

 

そして、ずっと憧れていたコルクバークへの着生をやってみましたので、その方法を紹介したいと思います!

 

ほぼ自己流でやっているので、間違っているかもしれません!

参考程度でお願いします!

 

 

使うもの

f:id:toka2287:20190504185211j:image

●コルクバーク

コルクという木の樹皮です。細かく砕いたものはコルクボードやワインのコルクに使われています。

植物の着生によく使われたり、手でも簡単に割ることができるので重宝されています。

 

●ミズゴケ

根を包んで、乾燥させにくいようにするために使います。

最近は100円ショップでも見かけます。

 

●固定用の針金

コウモリランが落ちないように使います。

100円ショップのものでも大丈夫です。

 

●糸、又は麻糸

ミズゴケを固定するために使います。

今回は、緑色の水草用の糸を使いました。

 

着生の手順

1.ミズゴケを水に浸しておく

f:id:toka2287:20190504185221j:image

まずは、ミズゴケを水に戻しておきます。

量は、テニスボール1つ分ぐらいあればOKです。

30分ほどつけておくと十分水を含んでくれますので、作業前にすることをおすすめします。

 

2.コウモリランの根に着いた土を落とす

f:id:toka2287:20190504185243j:image

コウモリランをポット又は鉢から抜き、土を落とします。

根っこが張りすぎていた場合は、少し切って短くしてください。

根を切るとき、根元付近を切ってしまうと株がバラバラになるかもしれないので、2〜3cmほどの長さを残す感じで切りましょう。

綺麗になったものが下の写真です。
f:id:toka2287:20190504185322j:image

 

3.ミズゴケで根を包んで固定する

f:id:toka2287:20190504185252j:image

ミズゴケを軽く絞り、根を包むようにします。

包めたら、糸でぐるぐる巻きにして固定します。ここで緩く巻いてしまうと、あとで崩れたりコウモリランが落ちたりするので、きつめにしっかり巻きます。

巻いたものが下の写真です。

写真では少しわかりにくいですが、緑色の糸をぐるぐる巻いています。

f:id:toka2287:20190504185352j:image

 

4.コルクに取り付ける

f:id:toka2287:20190505202929j:image

f:id:toka2287:20190505202926j:image

先ほど包んだものをコルクの上に置きます。置く場所はどこでも構いません。

置いたら、針金でコルクとコウモリランを固定します。ミズゴケの部分に針金を持ってくると、見た目が綺麗に見えます。

 

5.完成

f:id:toka2287:20190504185545j:image

f:id:toka2287:20190504185551j:image

固定できました!

軽く振ってみて、落ちるようでなければ大丈夫です!

 

f:id:toka2287:20190504185649j:image

上にワイヤーを取り付けて壁にかけてみました。

売っているようなものができてとても満足です。

 

意外と簡単にできるので、ぜひやってみてください!

ありがとうございました!